小児歯科

  • 子供の虫歯予防「シーラント」

    お母さんと子供奥歯の窪みや溝は歯ブラシの毛先が奥まで届かず、ブラッシングでは虫歯の予防がしにくいと同時に、一番虫歯にかかりやすい場所の一つです。シーラントとは、アクリル樹脂やセメントの一種を奥歯の噛みあわせ面の窪みや溝を覆うように接着させ、虫歯の発生を遅らせたり、防いだり、進行を止める補助的な予防方法です。

    シーラントに年齢制限はありませんが、乳歯の奥歯は3~4才までの時期に、歯の生え換わりの際一番最初に生えてくる奥の永久歯は、生えたらなるべく早いうちにシーラント処置をすることが望ましいです。
  • シーラントの手順

    シーラント歯を清潔にするため、まず始めにブラシなどを用いて歯の表面を清掃し、シーラント材が効果的に接着するようお薬で歯の表面を処理します。次にシーラント材を塗り、特殊な光を照射して固めます。最後に噛み合わせをチェックして終了です。
  • シーラントとフッ素塗布の違い

    フッ素塗布どちらも虫歯予防を目的とした処置ですが、異なるものです。シーラントはアクリル樹脂やセメントの一種で1本1本の歯のかみ合わせ面の窪みや溝を覆うことで虫歯を予防します。フッ素塗布は歯に塗ることで歯質を強くしたり、プラーク(歯垢)の働きの抑制したり、歯の修復を進めることにより虫歯を予防します。
  • シーラントQ&A

    フッ素塗布<シーラントは全ての歯に適しているの?>
    シーラントは奥歯のものを噛む面だけに使われるものですので、歯と歯の間などには使用されません。歯と歯の間は虫歯にならないようブラッシングなどできちんとケアする事が大切です。また、既に治療されている歯や、進行した虫歯がある歯はシーラントをすることはできません。
  • 定期健診<シーラントはどれくらいまでもつの?>
    噛み合わせなどにより個人差がありますが、効果は数年といわれています。シーラントには耐久性がありますが、次第に擦り減ったり剥がれてきますので、定期健診の際など取れていないか確認しましょう。
  • 甘いものと虫歯<シーラントをしていれば虫歯にならないの?>
    シーラントはあくまでお口の特定部分の補助的な虫歯予防法です。シーラントをしているからと安心して歯磨きを怠ったり、甘いものばかり食べていると、歯と歯の間やシーラントを行っていない個所から虫歯になってしまいますので注意しましょう。

中野区 歯医者 歯科 歯周病 インプラント 山田歯科医院