口腔外科

  • 広がる顎関節症

    顎が痛む女性食事中に顎がカクカク鳴る、口が大きく開かない、顎が痛むなどの症状はありませんか?ここ十数年で15倍にも増加したのが「顎関節症」と呼ばれる病気です。歯や骨が成長する10代から増え始め、20~30代の女性に多く発症しています。重症になると症状や痛みが全身に及んだり、開口障害による食事困難から精神的にも影響を受けるなど、日常生活に支障をきたす場合もあります。
  • 柔らかい食べ物<顎関節症とは?>
    顎の関節やそれを支える筋肉の、緊張や過負担によりひきおこる様々な症状の総称です。軽いものは生活の改善で治まりますが、悪化すると、食事がとれなくなり手術が必要となることもあります。 

    原因は、ストレスによる緊張や食いしばり、歯ぎしり、食事中に左右一方でばかり咬む、うつぶせ寝、頬杖、悪い姿勢からくる骨格の歪み、打撲など、多岐にわたります。また、食事の欧米化によりハンバーグやスパゲティなどの柔らかいものを食べるようになり、顎の筋肉が衰えてしまったことが、近年の顎関節症の増加の要因ではないかと考えられています。
  • 顎関節症の症状

    食事中の異音関節雑音
    顎を動かすと、耳のあたりで「カクカク」「ミシミシ」といった音がする。痛みがなく音のみの場合は、顎関節症予備軍です。
  • 顎関節症の治療

    マウスピースマウスピース
    顎関節症の治療で最も多く行われる治療です。馬締型の透明なマウスピースを患者さんのお口に合わせて作製し、装着していただきます。口の開閉がスムーズになり、顎の筋肉の緊張をとる、顎への負担を軽減する、噛み合わせを正常な位置に持っていくなどの効果があります。
  • 自宅でできるケア

    口の体操手順<口の体操>
    ゆっくり緊張をほぐしながら、顎の力をつけましょう。口を大きく開ける→下顎を後ろに下げる→下顎を前に出す→下顎を左に→下顎を右にを5秒ずつ、1日3回からはじめてみましょう。痛みがある場合は逆効果です。無理のないよう心がけてください。
  • バランスのいい食事<バランスのいい食事を、よく咬んで食べる>
    柔らかいものばかり食べず、バランスのいい食事をよく咬んで食べることで、顎の筋肉も鍛えられます。急に固いものを食べるのは要注意!徐々に馴らしていきましょう。
  • 正しい姿勢<悪い癖をなおす>
    片噛み、爪咬み、頬杖、猫背、うつ伏せ寝などは体全体の骨格を崩してしまいます。骨格がゆがむと筋肉が緊張して姿勢を支えようとするため、血行不良となり体に様々な障害を引き起こします。悪い癖は意識して早めになおしましょう。
  • ウォーキング<体の体操>
    体操やウォーキング、水泳等の全身運動は、コリの解消、姿勢の維持の筋肉作り、歯ぎしりや食いしばりの原因になりやすいストレスの解消に役立ちます。

中野区 歯医者 歯科 歯周病 インプラント 山田歯科医院