レーザー治療

  • 体に優しいCO2レーザー(炭酸ガスレーザー)

    レーザーイメージレーザーには100以上もの種類があり、私たちの生活の中でもCDやバーコードリーダーなど身近な所に多く使われています。医療分野でも外科・眼科・耳鼻科・皮膚科・産婦人科など様々な分野で早くから使われています。当院では炭酸ガスを使用したCO2レーザーで治療を行っております。

    レーザーの効果は生体の表面に限られ、周りの組織への影響が少ない安全な物です。出血させずに悪いところを除去するだけでなく、痛みを和らげ腫れを抑えたり、傷の治りを早くする効果もあります。治療時間も短く、治療後の痛みもほとんどありません。(症状によっては少々の麻酔をかけて治療します。)副作用も少ないので、妊娠中の方や高血圧の方、心疾患の方、人工透析されている方でも治療を受けて頂くことが出来ます。
  • 歯科でのレーザー治療

    虫歯<虫歯予防と治療>
    歯の溝は複雑で深く入り組んでいるため、そこにたまってしまった食べカスなどは歯ブラシだけでは取り除くのは難しいものです。レーザーは、歯ブラシの届かないところにでも、熱エネルギーで虫歯の原因となる虫歯菌をやっつけます。

    しかも、レーザーによって歯質が強化され、虫歯になりにくくなる他、歯を強くするためのフッ素も浸透しやすくなります。
  • 歯が痛い女性<知覚過敏の治療>
    水を飲んだり歯ブラシをあてると歯がしみるといった症状はありませんか?その原因として知覚過敏が考えられます。これは象牙細管という歯の神経につながる孔(あな)が開いていて神経が刺激されるからです。 

    こんなときレーザーで治療すると歯の表面に薄い膜が出来て孔(あな)をふさぎ、歯の神経を保護するので痛みやしみることを防ぐことが出来ます。
  • 歯科イメージ<歯周病治療>
    歯周病は歯ぐきから血が出たり、口臭がひどくなったりして、そのまま放っておくと歯が抜けてしまうことだってあります。こんな時もレーザーは活躍します。歯と歯ぐきの間の溝にレーザーを当てて歯周病菌をやっつけます。 

    レーザーをあてることで歯周病の原因となっている細菌が急激に減り、膿みが自然に出て、出血や痛みがおさまり、治りを早くします。ブラッシング指導・歯石除去など、他の歯周病治療と併用してレーザー治療を行います。
  • 舌を出す女性<口内炎の治療>
    お口の中や唇に出来る口内炎や口角炎の痛みは、レーザー治療ですぐ和らぎ、治りも早くなります。入れ歯があたってできる潰瘍にも効果があります。
  • 口元<歯ぐきの黒ずみ除去>
    メラニンという色素により、歯ぐきが黒くなることがあります。こんな時もレーザー治療なら、この黒ずみを短時間で除去します。数日後には元のきれいなピンク色の歯ぐきに生まれ変わります。金属由来の着色等、出来ないものもあります。

中野区 歯医者 歯科 歯周病 インプラント 山田歯科医院