予防歯科

  • 大切な歯やお口を守るために

    家族今後起こりうる疾患を未然に防止し、また起こってしまった疾患を早期に発見するためにも歯科医師や歯科衛生士による定期検診は大切です。定期検診では口腔内の専門的なクリーニングや予防処置、口腔衛生指導を行い、皆様が一生健康な歯を保つことが出来るようお手伝い致します。

    定期検診以外にも、ご家族での口腔内の健康管理も大切です。歯ブラシやデンタルフロスなどを用いた口腔清掃の他に、規則正しい生活やバランスのとれた食事なども重要です。
  • 予防歯科の種類

    歯を磨く親子<定期検診>
    患者様の年齢や口腔内の状態によって異なりますが、3~6ヶ月の間隔で定期検診を受けるとこが望ましいです。お子さんも歯が生えたら早い時期から定期検診を行うことにより、口腔衛生管理が習慣化します。

    定期検診時の口腔検査には虫歯の検査、歯周病の検査、噛み合わせの検査、口臭の検査などが含まれます。また、定期検診時の予防的処置には歯周病予防のための歯垢(プラーク)と歯石の除去、虫歯予防のためのシーラント処置などが含まれます。
  • 歯ブラシ<ブラッシング指導>
    毎日朝・昼・晩ときちんと歯磨きをしていても「磨いている」と「磨けている」では大きな差があります。歯の表面はもちろん、歯と歯の間、奥歯の裏や噛み合せ面はきちんと磨けていますか? 

    ブラッシングをしていても虫歯が絶えないという方は、是非一度歯ブラシの選び方やブラッシングの指導を受けることをお勧めします。また歯ブラシでは磨きにくい歯間も、デンタルフロスや歯間ブラシなどを使って効果的なプラークコントロールをしましょう。歯磨き後にはデンタルリンスやデンタルコンディショナーなどを使用すると更に効果的な虫歯・歯周病予防ができます。
  • 口腔内カメラ<口腔内カメラ>
    普段は見る事のできないお口の中を撮影し、歯石や虫歯、詰め物などのお口の状況を御覧いただけるよう、口腔内写真撮影検査も行っております。ブラッシングの際の磨き残しの多い個所など、ご自身の目でチェックしていただき、虫歯予防にも役立ちます。
  • ダイアグノデント<ダイアグノデント>
    レーザー光の反射を利用した歯質変化発見装置です。視診・触診・レントゲン診断より高い確率で虫歯を発見し、しずく形状の裂溝の底の虫歯など、普通の診察では発見しづらい箇所にも役立ちます。数値や色によって虫歯の進行度合が把握でき、治療・予防・管理を行うことができます。診察時の痛みも全くありません。
  • PMTCを行う歯科衛生士<PMTC>
    PMTCとは専用の器具を使った歯のクリーニングをした後、歯垢の付着防止や歯を強くする効果を持つフッ素を歯に塗る予防方法です。歯周病の改善や進行の防止、ステインなどの色素を取り除く効果もあります。 

    クリーニングは歯の隅々まで、ブラシやゴム質のカップなどで丁寧にクリーニングしていきます。痛みは無く、施術後はお口がすっきりして、爽やかな気分になります。PMTCを定期的に行いますと虫歯や歯周病予防にとても効果的です。

中野区 歯医者 歯科 歯周病 インプラント 山田歯科医院