審美歯科

  • 美しさは口元から

    笑う女性たち<大きく口をあけて笑えますか?>
    金属アレルギーで冠と歯肉の間が変色してしまった。
    歯の神経を取った後変色してしまった。
    不慮の事故で歯がかけてしまった。
    元々の歯の色や形、歯の隙間が気になるなど・・・。

    様々な理由で歯の審美性を失われている方がいらっしゃいます。会話や食事をする時など、意外と目がいきやすいのがお口です。口元が気になっているとしての視線が気になって上手く会話ができなかったり、笑う時に思わず口元を隠して笑ったり、落ち着いて食事が取れなかったり。相手にとってあまりよい印象ではないでしょう。審美歯科治療はそんな悩みを解消し、自信を持って会話が出来る、楽しくお食事が出来る自然な口元を取り戻します。
  • 審美歯科の種類

    ジルコニア<ジルコニア>
    宝飾品として知られるキュービックジルコニアとほぼ同じ成分できているセラミックです。オールセラミックに比べ強度が高いだけでなく、高い生体親和性と透明度のある美しさも併せ持った優れた歯科素材です。

    その硬さから加工が困難だったのですが、加工技術の発展で臨床に応用することが可能となりました。耐熱性、耐久性、耐腐食性も高く、金属アレルギーの心配もありません。
  • オールセラミック処置前後<オールセラミック>
    オールセラミックは、生体親和性の高いセラミック素材を使用した冠です。天然歯との見分けが難しいほどの自然な色と輝きです。 

    歯全体を包む、真っ白な冠をかぶせるオールセラミッククラウン。歯の表面だけを薄く削り、セラミックの板を貼り付けるセラミックラミネート。歯が1~2本ない場合に、隣接する歯を利用して人工の歯を作るオールセラミックブリッジなど、お口のどの部分にも様々な形で対応する事が出来ます。あなたのお口に合った最善の治療方法を見つけます。
  • ファイバーコア<ファイバーコア>
    (写真の前歯・向かって左側です。※右側は金属。)歯の神経を抜くと歯がもろくなります。歯がもろくなったまま冠をかぶせても歯が折れてしまうので、歯に神経の代わりとなる心棒を入れます。ファイバーコア(樹脂)は歯質に近い素材ですので歯と接着しやすく、金属の土台のようにイオンが溶け出すことによる着色もありません。 

    また、歯と同じくらいの弾性を持っているので、歯の根っこが割れる事も少ないです。ファイバーコアの透明性は自然で、審美性にも優れています。
  • ハイブリッドセラミック<ハイブリッドセラミック>
    セラミックとプラスチックを掛け合わせたような素材で制作します。色調、強度ともに保険適用の硬質レジンに比べ優れています。症例によっては金属で補強する場合があります。
  • ハイブリッドレジン処置前後<ハイブリッドレジン>
    ハイブリッドレジンは、GC社のグラディア・フォルテ歯科修復用マイクロハイブリッドレジンを使用しております。超微粒子ハイブリッドレジンで、自然な透明感・優れた色調再現性とともに、黄色く変色しにくく、プラークを付着しにくくなりました。前歯も奥歯も、自然できれいに仕上がります。 

    基本的に治療済みの歯(左図)のやり直しもできます。若い方だけでなく、ご年配の方もおすすめしますので、どうぞご相談下さい。治療後は美しさを保つため、研磨剤が入っていない歯磨きペーストをご使用ください。
  • グラディア エステティック・トリートメント処置前後<グラディア エステティック・トリートメント>
    GC社のグラディア エステティックトリートメントです。特に気になってしまう前歯も治療できます。最近では奥歯の見た目も気にする人が増えていますが、既に治療が済んで、金属の冠が装着してある歯にも対応可能です。金属の冠を外してきれいに清掃し、クラディアで作った修復物を入れる治療を行います。
  • メタルボンド<メタルボンド>
    中身は金属、外見はセラミックでコーディングしてあるクラウン(被せもの)です。見た目がよく変色に強く、金属を使用しているので割れにくく丈夫です。金属アレルギーをお持ちの方は、事前に検査が必要になります。

中野区 歯医者 歯科 歯周病 インプラント 山田歯科医院