インプラント

  • 歯を失ってお悩みのあなたへ

    インプラント虫歯や歯周病、不慮の事故など様々な理由により人は歯を失います。失った歯が1~2本の場合、隣あった健康な歯を支えとするブリッジや義歯を、全ての歯を失ってしまった場合は総義歯を適応してきました。しかし、ブリッジや義歯だと周りの歯と違うため口元が気になる、義歯が合わずかたいものが食べられない、上手く喋れず人と話すのが億劫になるなどのトラブルがありました。

    このような問題を抱える患者様の為に開発されたのがインプラント治療です。インプラントは歯根部、歯の部分に相当する上部構造と、その間を連結する支台部のおよそ3つの部分から構成されいます。インプラント治療は、手術で顎の骨に直接人工の歯根を埋め込み、その上に人工歯を取り付けます。埋め込まれた人工の歯根は自分の顎の骨と結合して固定され、健康な歯のように噛むことが出来ます。

    インプラントはまるで自分の歯のような見た目、しっかりとした噛み心地、会話のしやすさ等、審美性と機能性を併せ持った治療法です。歯を失ってお悩みの方は、当院にお気軽にご相談下さい。
  • インプラントと他の治療との比較

    ブリッジ 義歯・総義歯 インプラント
    ブリッジ 義歯・総義歯 インプラント
    ★メリット
    ・噛み心地が自分の歯に近く、食事など違和感がない。
    ・ハイブリッドセラミックス、セラモメタルクラウンは自費となります。
    ★メリット
    ・ブリッジやインプラントに比べ簡単な治療で作成できる。
    ・バイタリウム床、チタン床は自費となります。
    ★メリット
    ・自分の歯と同じような感覚で食事や会話が出来る。
    ・ほぼ自分の歯と見分けがつかないような審美性をもつ。
    ・1~全部歯がなくてもできる。(状況に応じて)
    ★デメリット
    ・ブリッジを固定するために、隣の健康な歯を削らなければならない。
    ★デメリット
    ・入れ歯を固定する力が弱く、ぐらついたりずれる。
    ・食べるものを噛むために十分な力をかけることができない。
    ・金属が見えてしまうことがあり、審美性に欠ける。
    ★デメリット
    ・保険適応外治療のため、全額自費です。
    ・手術が必要。
  • インプラント治療の流れ

    治療説明を受ける患者1.診察と治療計画
    失った歯の本数、顎の骨の状態など患者様のお口の状況によって治療法には様々な選択肢があります。レントゲンなどにより十分な診断を行い、患者様に無理のない衛生管理などを含め、総合的に検討した上で治療計画が立てられます。
  • インプラント一次手術2.一次手術
    顎の骨にインプラントを埋め込みます。ケースによっては1時間程ですので、入院の必要もありません。
  • 治癒期間3.治癒期間
    一次手術後1~2週間後に抜糸し、3~6ヶ月の治癒期間を置きながらインプラントと骨がしっかり定着するのを待ちます。この期間、仮の歯を使用できる場合もあります。この間もしっかりとしたメンテナンスが必要なので、歯科衛生士が丁寧に歯の磨き方などのお手入れ方法をお教えします。
  • インプラント二次手術4.二次手術
    歯ぐきを再び開いて台を取りつけ、歯を支える土台として使えるようにする手術です。インプラントを使えるようにするだけでなく歯肉の形も整える大事な手術です。一次手術のやり方によっては二次手術が必要ない場合があります。
  • 人工の歯を作製・装着5.人工の歯を作製・装着
    歯ぐきが治った時点で型を取り、人工の歯を作ります。色や形は患者さんに合わせて作製するので見た目も他の歯と変わりません。出来た歯をインプラントに取り付けて手術は終了です。
  • 定期検診とメンテナンス

    定期検診とメンテナンスインプラントで治療した部分に限らず、口の中を衛生的に保つ必要があります。ブラッシングの方法などについて適切な指導を受け、また半年に1回の定期検診を受けて、インプラントや人工の歯の状態、噛み合わせを確認します。

中野区 歯医者 歯科 歯周病 インプラント 山田歯科医院