一般歯科

  • 歯を守るための「歯内療法」

    歯の構造歯はエナメル質、象牙質、歯髄(歯の神経)でできています。虫歯や歯周病が進行したり、歯に機械的な力が加わったり、常に周りの歯よりもかみ合わせが強すぎたりすると、歯髄が刺激されて根っこの部分に炎症を起こします。以前は歯髄が病気に侵されるまで症状が悪化すると、抜歯しなければなりませんでした。しかし、当院では極力、患者さんの大切な歯を抜かずに残したいと考えております。

    そこで行うのが「歯内療法」です。歯内療法とは文字通り歯の内部の治療です。まずは虫歯や病気に侵された歯髄、細菌を除去し、薬剤や器具できれいに清掃します。その後穴に詰め物をして、クラウンなどの被せもので蓋をします。歯内療法を行うことで歯の機能を取り戻し、歯を保存することができます。
  • マイクロスコープ(顕微鏡)

    顕微鏡当医院では、マイクロスコープ(顕微鏡)を使用した診療をおこなっております。(Carl Zeiss 社製 手術用顕微鏡 PicoMORA)
    顕微鏡により、治療する部位が大きく見える事で、より丁寧で確実な診療が出来るようになります。
    ・治療する部位の検査や治療
    ・歯の根の治療
    ・歯周病(歯槽膿漏)の治療
    ・インプラントなどの手術
    上記以外でも、さまざまな治療に使用します。

    ※受診される患者様へ
    診療内容や治療部位によっては、マイクロスコープを使用しない治療もあります。
    詳しくは、院長またはスタッフまでお問い合わせください。
  • 歯内療法の流れ

    ①レントゲン撮影①レントゲン撮影
    お口のレントゲンを撮影し、歯の根っこの形や病状を詳しく診断します。病状によっては歯髄を一部残す事も出来ます。歯髄は顎の骨や血管と繋がっており、歯に栄養を送る大切な役割をしています。歯髄を残すことでより長く歯を使えるようにします。
  • ②虫歯、歯髄、細菌の除去②虫歯、歯髄、細菌の除去
    痛みがひどい場合は先に麻酔を使用して歯や周囲の痛みを取り除きます。キーラー社のサージカルルーぺを使い、細菌の住みこんだ根管を丁寧に清掃し、歯の根っこの形を整え、根管治療を進めていきます。根っこの曲がったところには、形状記憶合金製の治療用具を用い、コードレスエンドドンティックモーターを使用して治療致します。
  • ③歯に詰め物をする③歯に詰め物をする
    病巣があった空洞部分はきちんと隙間なく詰めてしまいますが、いつ詰めるかはその時の症状によって違います。すぐには詰めず、腫れが引くのを待ったり、細菌の繁殖がおさまるまで薬を入れておくこともあります。 

    すぐ詰めない場合は経過をみたり清掃を行うため、何度か通院して頂きます。ほとんどの場合、次の診察まで空洞には仮の詰め物をしておきますが、膿が溜まらないようにするため何も詰めないままにしておくこともあります。

    病巣を取り除いて痛みがなくなっても、途中で通院をやめてし まうとまた細菌が増殖して痛みや腫れを起こしたり、せっかく助かるはずの歯が抜歯になってしまう事もありますので、最後まで通院して下さい。
  • ④歯に蓋をする④歯に蓋をする
    患部が落ち着いたら歯の根っこの中をきちんと詰め、最終的にクラウンなどの被せものをして再び噛めるように処置します。
  • 治療後の注意点

    もろくなる<もろくなる>
    歯の神経を取り除いた歯は、神経のある歯よりもろく、割れやすくなります。歯内療法が完了した歯は、クラウンなどを被せて保護することをおすすめします。
  • 歯の変色<変色>
    歯の神経を全て取り除いた場合、時々歯が変色することがあります。治療後なので医学的には問題ありませんが、見た目が気になる場合は漂白することもできますので、担当医にご相談下さい。

中野区 歯医者 歯科 歯周病 インプラント 山田歯科医院